医師・スタッフ紹介

  • HOME
  • 医師・スタッフ紹介

院長 坂口好秀

最近の医療のレベルは以前に比べて飛躍的に進歩してきています。循環器の分野でも欧米諸国から毎年多くの臨床研究が発表され、大きく変貌してきています。高血圧治療も単に血圧を下げるだけの治療ではなく、その人の持っている合併症や血圧変動パターンから、よりきめ細やかに状態を把握し、その状態にあった薬剤を選択するようになってきています。
1980年代には治療すべきと思われ、実際に治療してきた不整脈のいくつかは、1990年代に入り、治療する必要がないことも分かっています。
また、心不全治療においても、以前には使用してはいけないことになっていた薬が、現在は心不全治療薬として使用されているものもあります。

当院ではこの医療の進歩に遅れることなく、新しいの医療を提供するために循環器内科としての専門性を持って診療しています。
また、日頃の診療の成果を研究会や学会で発表し、専門医間の関係を深めることにより、より患者さまにあった診療をめざしています。

略歴

1983年6月 近畿大学医学部附属病院第一内科(循環器内科) 入局
1989年3月 医学博士取得
1989年4月 近畿大学医学部附属病院第一内科 助手
1990年5月 近畿大学医学部附属病院第一内科 病院講師
1992年2月 Veterans Administration Medical Center West Los Angeles/
University of California Los Angeles Cardiology (循環器内科)
Researcher(研究員)
1994年2月 近畿大学医学部附属病院第一内科 病院講師 (病棟長)
1997年2月 坂口医院  内科・循環器科 開院

資格

日本循環器学会認定 循環器専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医

所属学会

日本循環器学会
日本心臓病学会
日本内科学会
日本老年病学会